総務などの事務作業の手間を軽減|アウトソーシング会社を利用しよう

男性と女性

顧客の案件を管理

案件管理をする上で、大事なことはメモをいかに上手に残しておけるかが重要です。小型手帳では全て管理することは難しいので、スマホアプリで管理すれば、メモは当然のことながらデータ保存機能もありお勧めです。

詳しく見る

電話

会社の電話対応を解決

会社にかかってきた電話は、スピーディに対応しなければいけません。電話代行サービスは、プロのオペレーターが対応するので、お客様に失礼がなく安心です。会社の業務に合った電話代行を選ぶには、ウェブサイトや口コミなども参考にしてみると良いでしょう。

詳しく見る

通話

電話対応の代行サービス

作業中や留守中の電話対応の問題を解決してくれるのが、電話代行サービスです。特別な設備などは不要で、まるで内部のスタッフのように外部の電話に対応してくれます。対外的な印象を良くする効果もありますので、売上の向上にも貢献してくれます。

詳しく見る

メンズ

効率アップなツールの魅力

お客様と電話でやり取りしながら、注文や問い合わせ内容に対する答えを同時進行で進めていくコールセンターの業務は非常に難しい仕事といえます。スムーズに進めるために欠かせないのは最新のシステムの存在です。上手に活用して生産性を上げましょう。

詳しく見る

社内

業務の外注と効果

総務の仕事は多岐にわたり、業務の品質を維持することが難しくなります。そのため、高い質を維持するためにアウトソーシングのサービスを活用する企業が目立つようになってきており、費用対効果の大きなものとなっています。

詳しく見る

外部委託を利用する

オフィス

メリットとデメリット

最近、数多くの企業がアウトソーシングを利用するようになりました。アウトソーシングとは外部委託のことです。かいつまんで言えば、仕事を担う人やサービスを、契約によって外部から調達し、企業活動に生かす営業手法です。アウトソーシングを利用することで、会社の業務のスリム化にも繋がります。これまでは、倉庫部門や発送業務などが外部委託の対象となっていました。しかし、ここ数年は、総務や会計などの事務部門のアウトソーシングが進んでいます。総務や会計などの仕事は、社内の人間が行うものという概念がありますが、事務部門の委託をすることも、業務のスピードアップに繋がることが分かってきました。今多くの会社で進められているペーパーレス化を初めとして、受託業者に任せることで業務目標を達成することができたという声も聞かれます。外部委託の受託業者はその道のプロです。社内改善が3年掛かる仕事を1年でクリアすることもできます。総務で行われている期限管理や文書のスキャンニング作業などが滞っている場合なども、アウトソーシングを利用することで問題解決に繋ぐことが可能です。仕事がスリム化してスピーディーに進められるようになれば、それだけ経費の節減にもなるのです。ただ、そこにも一つ注意が必要です。専門性の高い業務を外部に任せきりにすると、委託した部分のノウハウを社内に蓄積することが困難となり、社内にノウハウが培われなくなります。これを防ぐためには、受託先に業務仕様書を作成してもらう工夫や、定期的なすり合わせを行うことが大切です。特に、総務、会計では手を抜いてはならない部分です。

Copyright© 2018 総務などの事務作業の手間を軽減|アウトソーシング会社を利用しよう All Rights Reserved.